ライブ情報の抄録
ライブ配信日時
2022年6月29日(水)  18 時00 分〜

日本人菌状息肉症患者におけるベキサロテン内服の効果と安全性
講師
濱田 利久 先生(コメンテーター)
国際医療福祉大学 皮膚科 教授
中川 裕貴 先生
福山市民病院 皮膚科 医長
抄録
ベキサロテンはCTCL治療に広く用いられているが、日本ではまだ長期投与症例の報告は少ない。
岡山大学病院でベキサロテンにて加療された11例の菌状息肉症 (MF)患者について解析した。
長期投与症例ではベキサロテンの減量や一時中止、副作用に対する内服投与にてベキサロテンを長期継続することができた。
ベキサロテンは日本人MF患者においても副作用をコントロールすることで長期に投与でき、有効な治療選択肢となりうる。